2015年06月03日

婚約指輪選びとサイズ直しにとことん付き合ってくれました。

投稿者: お買い物、お店での感動体験

2ヶ月程前の話になります。指輪を購入する時にはいつも時間がかかります。というのは、買って身につける、というわけにはいかないからです。毎回、サイズ直しが出来る物を選ばなければならず、予算に余裕があっても気に入った物を購入できないのが寂しい現実です。
今回は婚約者である彼が「失敗したくない」ことを理由に一緒に指輪を選びに行きました。正直な話、彼がサブライズで購入した指輪をプレゼントしてくれた方が理想だったのですが、何せ指がとても細く、サイズ直しが出来る物を選ぶのは彼一人では難しいのです。お店では指のサイズを測ってもらってから数々の指輪に目を通せば良かったのですが、指輪を選択してから指のサイズを測定。選んだ物はひとつもサイズ直しが出来ないことが後から判明しました。この時点で30分以上は経過しているはずです。特注で注文、もしくは一粒石の指輪、ソリティアリングを選ぶ、その二つしか選択肢がありませんでした。その際に、お店の方はとても辛抱強く私の選択を手伝ってくれました。高い物を売り、インセンティブが入る身とは言え、あれこれ注文をつける私はとても面倒臭く、苛立たしいお客であったに違いありません。最終的に彼はあきらめ顔で私とお店の方とのやりとりを黙って見ているだけでした。結局、ソリティアを選びましたが選んだ時点ではやっぱり時間がかかってでも特注で頼むべきだったか、と心のどこかで疑心暗鬼になっていましたが、お店の方が私の選択を推す様に「絶対に後悔しないと思いますよ」と言ってくれました。サイズ直し後の指輪には、後悔どころか毎日うっとりしています。特に嬉しかったことと言えば、お店の方が親身になって「何が良いか」、「何がよく似合うか」と相談に乗ってくれたこと、そして何よりも、その場で売りつけてしまおう、という強引な売り込みがなかったことです。そのお店では以前からジュエリーをいくつか購入していますが、これからもリピートさせて頂く予定です。他のジュエリーショップでは何としてでも買ってもらおう、というような無理な売り込みやサイズ直しが利かないのにその場しのぎで売ってしまおう、というスタイルが見られます。一生に一度の瞬間を彩る物を購入する客にとって、そのようなアプローチは適切ではないと思います。購入する人、それを受け取る人が後悔しないことを約束できる品を時間をかけて勧めるべきだと思うのです。