2012年12月18日

小さな書店では考えられない、電話を使った最大限のサービスについて

投稿者: お買い物、お店での感動体験

つい最近、大型書店にて買い物をしました。背の高い本棚がずらりと並んだ、図書館のような本屋さんでした。

その本屋さんにて、ぼくはフォトショップというパソコンで画像素材を特殊加工出来るデザインソフトの本を探していました。ただ、自分ひとりでこの広さの場所を探すのは難しい。そう思って、レジで作業をしている店員さんに聞いてみました。

そうしたところ、その店員さんもさすがにこの広さの場所にある本は全て把握しきれていない様子でした。

その店員さんはすぐさま、本の配置場所を把握できていると思われる店員さんに店内連絡用の電話を使って、連絡をとってもらえました。

さすがに、レジ担当者ということもあってか、持ち場のレジを離れて、その本が置いてある場所までは、案内してもらえませんでしたが、その本が置いてある場所を示した本棚の配置図と、その本の場所までたどり着く為の通路が記載された説明書を、わざわざパソコンから出力してくれました。

それによって、ぼくは嬉しいことに自分で探す手間をはぶき、無事に求めていた本のある場所にいちはやく、たどりつくことができました。

そういう自分の働くお店で、自分も持ち場を離れることなく、その人のできる最大限の案内をしてもらえたことは、凄くお店のシステムが行き届いていて感心するな、と思えました。

ぼく自身はこのお店の案内システムにすごく満足しました。街の小さい本屋さんもそれなりにいいとは思います。でも、図書館なみの本が並ぶ本屋さんもいいなと思いました。これからもこの本屋さんは利用し続けたいと思います。